青二プロダクション声優オーディションの評判 内容は厳しい?

青二プロダクション声優オーディションの評判 内容は厳しい? 事務所所属オーディション

老舗の声優事務所、青二プロダクション

日本の大手声優事務所の一つとして有名です。

声優志望の方のなかには、憧れの声優が青二プロダクションに所属しているから「自分も青二プロに所属したい」とお考えの方もいますよね。

そんな青二プロダクション声優オーディションは、どんな評判、オーディション内容なのか気になるところ。

この記事では、青二プロダクション声優オーディションについて詳しく解説していきます。

管理人
管理人

ぜひ、参考にしてみてください。

声優への近道!専門学校オーディションをチェック!

1位:ヒューマンアカデミー夜間・週末コース

学内オーディションは年間350回以上!時間がないあなたでも声優になれる!

位:アミューズメントメディア総合学院

現場で学ぶスタイルが魅力!

3位:代々木アニメーション学院

松本梨香さん特別クラスあり!

青二プロダクションは歴史ある声優専門事務所

青二プロダクションとは、創立53年目を迎える日本初の声優専門事務所です。

「青二プロ」または「青二」と略して呼ばれることもあります。

主な所属声優は、

  • 野沢雅子
  • 古谷徹
  • 神谷浩史
  • 沢城みゆき

など、ベテランから若手まで多数の人気声優を抱える老舗の声優プロダクションです。

その多くは、アニメやナレーションの分野を中心に幅広く活躍しています。

また、声優のマネジメント以外にも、主な事業として

  • 演劇や映画放送番組の企画・制作
  • 外画・アニメーション・ゲーム・ビデオソフトの企画および音響制作
  • 優秀な若手俳優の育成

などを行っています。

アニメーションにとどまらず、映画やナレーションなど幅広い分野を仕事にしたいと考えている方は検討してみてもいいでしょう。

ただし、青二プロに入所するためには、基本的には青二プロ直属の養成所「青二塾」に所属する必要があります。

青二プロダクション声優オーディションの内容は?

青二プロダクション声優オーディションとは、青二塾の入所オーディションを指します。

この「青二塾」は青二プロの声優養成所でありながら、入所するにはかなりの高倍率と有名。

入所するだけでも難易度は高いようですね。

また、青二プロダクションにおいて声優は俳優でもあることが基本理念であるため、優れた演技力も必要となります。声だけが良くてもいいというわけではありません。

青二塾は、東京校大阪校の全部で二校。

それぞれ応募資格や日程など、募集要項は異なります。

青二塾東京校

まずは東京校の青二塾のオーディション内容を確認していきましょう。

応募方法
  • 資料請求後、同封の入塾志願票と課題の作文を郵送
  • 作文を音読した音声データを指定メールアドレスに添付して送信
応募資格
  • 高卒以上
  • 定められた講座受講・受講料の納入可能な方
定員
  • 60名(30名・2クラス)
日程
  • 一次試験:書類&ボイスサンプル審査
  • 二次試験:2022年12月17日(土)・18日(日) (※一次試験合格者のみで、上記2日間のどちらか1日。受験時間は1時間ほどの予定。)
受験料
  • 一次試験:無料(※送料のみ出願者の負担。)
  • 二次試験:5,500円
オーディション内容
  • 一次試験:書類・ボイスサンプル審査(提出願書・作文、作文の音読データ)
  • 二次試験:面接 / セリフ・ナレーション・歌唱     (課題は一次試験合格者に二次試験受験料の振込み確認後通知)

オーディション内容を見てわかるように、声優としてのテストというよりは俳優よりの演技力ややる気を試すような形となっています。

東京校においては歌唱力もチェックするようですね。

大阪校のオーディション内容

次に大阪校のオーディション内容について確認していきましょう。

応募方法
  • 資料請求後、同封の応募願書を受験料(10,000円)を添えて提出

※受験日に願書と受験料は持参でもOK

応募資格
  • プロの俳優志望で高卒18歳以上~28歳までの方
  • 定められた講義の受講・受講料の納入可能な方
定員
  • 特に記載なし( 不明 )
日程
  • 毎年 2月11日(祝日)・建国記念の日に開催
受験料
  • 出願時に10,000円
オーディション内容
  • 簡単な筆記テスト・朗読・実技( 朗読テキストは当日配布 )
  • 面接

大阪校は、書類選考はなく応募者は対面での試験で一律にオーディションされるようです。

筆記テストや、朗読以外の実技審査が具体的にどのような内容なのかは公表されていません。

東京校ではナレーションや歌唱審査などがあるので、もしかすると類似した内容かもしれませんね。

管理人
管理人

東京校・大阪校を比較して見ると、同じ青二プロ養成所の青二塾ではありながら、各校によって審査方法・受験料などにちょっとした違いがあるのがわかります。

青二プロダクション声優オーディションの評判

青二プロダクション声優オーディションにあたるのが、青二塾のオーディション。

では、気になる評判について見ていきましょう。

良い評判

最近では、顔出しで歌ったり踊ったりといったアイドル声優といわれる活躍をされる方も増えていますよね。

そういう活動を好まない方や、声優業に力をいれてやっていきたい、という方に適している事務所のようです。

公式SNSからの情報ではありますが、実際に青二塾に在籍している方からの良い評価は貴重な意見ですね。

厳しいとの声や否定的な評判も・・・

Tweet / Twitter

オーディションが厳しい、という評判は多数ありますね。

なかには圧迫面接と感じてしまう方もいるほど。

養成所の費用が高額という声や、最近の若手の活躍を不安視する意見もあります。

評判まとめ

青二プロダクションのオーディションについての評判は、全体の印象としては「厳しい」との声が多かったです。

緊張するオーディションの場面で、きつい言い方をされると落ち込んでしまう方も少なくないでしょうね。

公式サイトにも、理念として「人間力」を重要視しているとの説明が随所に見られる、青二塾。

体育会系な面もある厳しい指導との評判もあります。

受験者自身も、青二塾に入る前にそのスタイルに合うのかを見極められる、心が構えができるという面では良いのかもしれません。

一方で、アイドル的な活動ではなく、実力派の声優として活躍したい方には適している事務所、との良い評判もあります。

その点は、さすが老舗の事務所。

声優業に特化した、実力派の声優を育てたいという方針なのでしょうね。

まとめ

青二プロダクション声優オーディションについてのまとめです。

  • 青二プロダクションとは日本の老舗声優事務所
  • 声優養成所「青二塾」を運営している
  • 青二プロに所属するには青二塾入所が一般的
  • 青二塾は東京・大阪校があり審査内容などは異なる
  • オーディションは厳しいとの評判が多い
  • 実力派の声優を目指す方に向いているかも

今回は、青二プロダクション声優オーディションについて、解説していきました。

青二プロダクション・青二塾は、昔ながらの古風な考え方を大切にしている事務所という印象を受けます。

ある意味では、そのスタイルや雰囲気などがわかりやすい事務所なのかもしれません。

この記事が、声優を目指す方、青二プロダクションに所属したいとお考えの方にとって役立つ内容であれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました