ディズニー声優オーディションの一般公募はある?エントリーはどこから?

アニメ声優オーディション

ディズニー映画というと、日本語吹き替え版の声優さんが話題になることが多いですよね。

色々な芸能人が声優を務めることも多いですが、ディズニー映画の声優はどうやって決められているのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ディズニー映画の声優はどうやって決められているのか?オーディションの一般公募はあるのか?ということについて解説します。

管理人
管理人

ディズニー好きの方要チェック!

声優への近道!専門学校オーディションをチェック!

1位:ヒューマンアカデミー夜間・週末コース

学内オーディションは年間350回以上!時間がないあなたでも声優になれる!

位:アミューズメントメディア総合学院

現場で学ぶスタイルが魅力!

3位:代々木アニメーション学院

松本梨香さん特別クラスあり!

ディズニー映画の声優とは?

ディズニー映画といえば、「アナと雪の女王」や「シュガーラッシュ」など人気作品が多いことでも有名です。

ディズニー好きの人も多く、新作が発表されるたびに楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

日本でも、「アナと雪の女王」ではエルサ役に松たか子さん、アナ役には神田沙也加さんが。

また、「シュガーラッシュ」ではラルフ役を山寺宏一さん、ヴァネロペ役を諸星すみれさんが演じるなど、人気のある芸能人の方や声優さんが担当していることでもよく知られています。

ディズニー好きの方であれば、いつかはディズニーの声優をやりたい!と思っている方もいるのではないでしょうか。

ディズニー声優に求められることは?

ディズニー声優に求められることというのは、第一に「演技力があること」です。

ディズニー映画では、作品の制作がはじまると本社からどんな声優が必要なのか指示が送られてくるそうです。

そして、映画の内容によっては歌のオーディションもあるんだとか。

ディズニー映画の声優には、次のような能力が求められると言われています。

  • 年齢感
  • 声の高さ
  • 声の質感
  • 演技力
  • 歌唱力

また、吹替ということで英語版と変わらない高いクオリティを求めていると言います。

ディズニー声優は、舞台出身の役者が選ばれることが多く、演技も歌も両方が高いレベルであることが重要視されているんです。

吹き替え版を作るときというのは、吹替をする言語の国の視聴者にしっかり受け入れてもらえるかということも大切。

とにかく、アニメーションを見たときに自然にしっくりくる声優を選ぶようにしているということですね。

\週1からプロへ/
社会人でも声優になれるサポート満載 ヒューマンアカデミー夜間・週末コースを見てみる今だけ!無料でオーディション対策本もらえます

ディズニー声優のオーディションはどんなもの?

ディズニー声優は、オーディションによって選ばれています。

しかし、オーディションの内容については非公開。

映画の中に登場する歌の音域にキーを合わせられるかどうか、オーディションで音域をチェックします。

オーディション参加者には課題曲が渡され、オーディションで披露するそうです。

オーディションはグループではなく1人ずつで、他の参加者の名前や、全体の参加人数などは公表されません。

歌が上手いか下手かよりも、声がキャラクターに合っているのかどうかが一番のポイントなんだとか。

キャラクターのイメージに合っている声質や演技力が必要だということですね。

ディズニー声優のオーディションの一般公募はある?エントリーは?

ディズニー声優は、一般公募はされていません。

オファー型式で、芸能事務所などに依頼がいき、そこから応募するシステムになっています。

ですから、ディズニー映画の声優は芸能人などが選ばれることが多いんですね。

事務所に所属していれば声優でも選ばれることはありますが、どこの事務所にも所属していない場合にはディズニー声優に応募することはできません。

ディズニー声優は一般公募オーディションが行われたこともある

一般公募は行わないとされているディズニー声優ですが、一般公募が行われたこともあります。

2008年12月23日に公開された「ティンカーベル」では、一般公募が行われ、17358人の応募がありました。

そして選ばれたのが、声優未経験である深町彩里さんです。

 

最終オーディションには、17358人の仲から5名が選ばれました。

この時のオーディションは全体的にハイレベルで、急遽「審査員特別賞」が設けられたほどです。

そして、審査員特別賞を受賞した落一帆さんも、「妖精M」として映画の声優を務めることになりました。

一般公募では声優未経験の方でもディズニー声優に選ばれることもあるということもあるので、一般の方でもチャンスがあるかもしれませんね!

\週1からプロへ/
社会人でも声優になれるサポート満載 ヒューマンアカデミー夜間・週末コースを見てみる今だけ!無料でオーディション対策本もらえます

ディズニー声優になるのは難しい!

ディズニー声優のオーディションというのはとても難関だと言われています。

その理由は、ディズニー映画というのは日本語吹き替え版の声優であっても、アメリカ本社でしっかりチェックされます。

声の質感や雰囲気、演技力などボイスチェックが細かく行われ、それぞれ合格しなければ採用されません。

演技力のある芸能人であっても、ディズニー声優に合格するというのは狭き門と言えるでしょう。

実績ある声優になるなら声優専門学校・養成所も検討

演技力、声質いろいろ勉強すること満載。

声優未経験よりも経験積んでいたほうがチャンスは多い。

いつディズニーのオーディションがあってもいいように、声優としての実績を積んでおいたほうがいいでしょう。

一番の近道は声優養成所・専門学校を活用すること。

勉強しながら内部オーディション満載で、声優としての実力をつけるにはモッテコイ!

中でもおすすめなのが、ヒューマンアカデミーの夜間週末講座

こちらは週1回のレッスンで声優を目指すカリキュラムになっています。

週1なので社会人や学生でも通いやすい!

オーディションも充実しており、実力をつけながらプロとしての実績をあげることも。

無料で資料請求できるので興味ある方はぜひ資料請求して内容を確かめてくださいね。

\週1からプロへ/
社会人でも声優になれるサポート満載 ヒューマンアカデミー夜間・週末コースを見てみる今だけ!無料でオーディション対策本もらえます

まとめ

  • ディズニー声優で重視されるのは、演技力と歌唱力
  • ディズニー映画は、キャラクターのイメージに合っているかどうかもチェックされる
  • ディズニー声優のオーディションの内容は非公開
  • ディズニー声優は一般公募が行われたこともある
  • 一般公募では、声優未経験の候補者が選ばれた
  • 基本的にディズニー声優の一般公募オーディションはない
  • ディズニー声優に選ばれるのは難しい

ディズニー声優について紹介しました。

ディズニー声優オーディションの一般公募はありません。

どこかしら事務所に所属していなければ、ディズニー声優を担当できるチャンスが巡ってくるというのはかなり難しいでしょう。

そしてディズニー声優になるには、相当の演技力や歌唱力が求められます。

ディズニーに認められた人しか声優は務められない狭き門ということ。

ディズニー声優に興味があるという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました